XM

XM(XM Trading)を使う前に知っておきたい、5つのデメリットと10つのメリット

2019年12月23日

今回はXM Tradingのレビューをしていきたいのですが、
タイ在住の僕が、XM Tradingを使い始める前に、
気になった点や調べたことを踏まえて
XM Tradingを使う際のメリット・デメリットをお伝えしていきます。

日本に住んでても海外の口座を開くのって不安ですよね、
でも、海外に住んでる人間が海外の口座を開いて現在進行形で使っているので、
参考になるはずですよ。

まずは、
デメリットから。

 

【デメリット】

1.日本に登録がないから不安

海外FXですので、日本の金融庁へ運営許可の登録がありません
許可がないから、海外FXはダメだー危険だー
なんて記事はよく目にしますが、
なぜダメなのか、何が危険なのか
しっかり見ていく必要があります。

XM Traidingが日本の金融庁へ登録していないことで、
トレーダーは何を心配しなければならないか。
それは
出金トラブル
会社が消えてしまわないか
この2点です。

出金トラブルについて
XMに関しては、出金トラブルに関する話は出ていないようでしたので、
僕にとっての決め手の一つではありました。
不正出金を防ぐための出金停止や
手続き不備で出金できないというのはあるようですが、
通常出金する分には問題ないです。

会社が消えてしまわないかについて
これは国内会社にも言えることですが、
XMは2009年より運営していて、
総口座数は100万件に達しています。

2019年6月時点で、DMM.comが72万件ですので、
母体の強さは感じますね。

ではなぜ、そんな大きい会社が日本の金融庁へ登録しないのか、
それは888倍のハイレバレッジを維持するためです。
ハイレバレッジが出来なければ、
知名度もないXMが国内FX業者に勝てるはずもありません。

 

2.入金額以上の出金は手数料がかかるから困る

現実的に一番気になるところはここのはず。
出金するまでがトレードですから。。。
デメリットとしたのは手数料が2,000円から4,000円ほどかかる点。

僕の場合はクレジットカード入金しているので、
例えば、
50,000円をカード入金して、50,000円利益が出たので、
トータル100,000円を出金する場合。

50,000円 → クレジットカードへ返金
50,000円 → 指定口座へ出金

することになるのですが、
この指定口座へ出金する際に、
自分の受取り口座で手数料がかかってしまうんです。

小まめに出金しづらい点があるので、デメリットとしました。

 

3.スプレッドが広めで損してる気がする

国内口座でドル円のスプレッド:0.2 pips
XM Tradingではドル円のスプレッド:2.0 pips
単純計算10倍違いますね。

これはXM Tradingに限ったことではなく、
海外FX全般的に、国内の業者と比べるとスプレッドが広いです
理由としては、
NDD方式を採用しているためです。
トレーダーが儲かるほど業者も儲かる仕組みで、
透明性も高く、世界的にFX業者はこの方式がスタンダードとなっています。

日本かそれ以外かで方式が違うことに僕はびっくりなんですが、
どうですか??

※国内業者は上記の逆なので、
トレーダーが損すれば、業者が儲かる仕組みで、
トレーダーが儲かれば、業者が損する仕組みです。

スプレッドが広い点は一見デメリットではあるのですが、
スプレッドで負けるトレーダーはいない
ということは押さえておいて欲しいです。

むしろ、XM Tradingのスプレッドが広いおかげで、
ゼロカットシステムやボーナスの恩恵を得られるので、
むしろ助かっているトレーダーも多いはず。

 

4.完全信託保全でないことは大丈夫なのだろうか

もしXM Trading が倒産した場合でも、
預けているお金の全額が返ってくる、
と思わない方が良い、というデメリットです。

経営資金と顧客資金を分けて運営しており、
一切手をつけていないため、
今のところは、倒産しても全額返ってくる可能性はりそうですが。。。

万一に備えて、
生活費程度まで資金を増やせるようになったら、
口座も分散させていきましょう。

 

5.大きいポジションを取れてしまう

最大レバレッジ888倍はXM Tradingの最大の魅力。

短期間で爆発的に資産を増やせる仕組みであり、
一瞬で退場してしまう可能性もある、諸刃の剣です。

大きなポジションを取れると、
負けた分以上のポジションを取り返そうとするのが、
トレーダーの常ですが、
ポジションの大きさを変えずに再スタート切れるか、
むしろ、
負けた時こそポジションを小さくできるか
これができれば、息の長いトレーダーになれそうです。
僕も勉強中。

 

【メリット】

続いてメリットです。
10コも挙げていますが、
実際のところXM Tradingだから!
というメリットは初めの3つですかね。
ぜひ、飽きずに読んでみてください 笑

 

1.レバレッジ888倍、追証なし

XM Tradingは業界トップクラスの最大レバレッジ888倍を謳っています。
何が魅力的なのか、
チャンスにアクセル全開でトレードでき、
怪しい時には抑えることが出来ます。(レバレッジコントロール)

⭐️50,000円資金でスタートする場合⭐️

レバレッジと証拠金、稼げる金額(ドル円)
【国内】
証拠金 40,000円1万通貨(ロット0.1)
10pips  1,000円
100pips 10,000円

【XM Trading】
証拠金 44,000円1万通貨(4.0ロット)
10pips  40,000円
100pips 400,000円

海外FXを利用するトレーダーが
短期間で資金を何倍にもしている仕組みが
少し見えてきたでしょうか。

ただ、もちろん同じ分のマイナスに行く場合もあります。
そこで使える仕組みが「ゼロカット」で追証なし
仮に損失がマイナスとなっても、
預けている資金以上のお金を支払う必要がない、という仕組みです。

有名なのがスイスフランショックですね。
5分ほどで1,600pipsほど動きました、
損失が何千万、何億となってしまったトレーダーもいるようですが、
XM Tradingはここでもゼロカットシステムで多くのトレーダーを
救っています

国内FXではそうはいきません、
損失を証拠金でまかなえない場合、
追加でお金を入金する必要があります。
これが追証であり
FXに大きな借金のイメージがある原因です。

 

2.信頼、安全性、出金トラブルなし

会社の信頼性ですね、あと出金。
繰り返しにはなりますが、
2009年運営開始、100万件の圧倒的な口座数。(国内は最大でもD●●が70万件)
で会社の強さがあり、
出金については、不正を除けば拒否をされている情報はありません

他にも
ウサイン・ボルトが公式スポンサー
(契約料は莫大であろうし、世界的に有名選手を器用することは一定の信頼がある)
世界各国での金融ライセンスを取得
(キプロス、英国、オーストラリアの3国で現在取得済み)
海外FXといえばXM Tradingと名前が挙がるほど国内でも既に知名度がある

 

3.入金、開設ボーナスがある

3種類のボーナスが設定されているため、
これを使わない手はありません。
口座開設で3,000円
入金100%ボーナス(500ドルまで)
┗初回50,000円を入金するなら、
103,000円が資金となり、トレードをスタートできます。

追加入金20%ボーナス
┗含み損をギリギリまで耐えたのに、
ロスカット後、そのまま爆益だったであろう位置まで一直線。
なんてことはハイレバをしていれば、
幾度となく体験するトレードでしょう。
そんな時に使えるボーナスですね。

 

4.速い約定力

国内FXを使っていると、注文時に
あれ?若干ズレた?なんて違和感を感じる時があるかもしれません。
XM Tradingは約定スピードを会社としても押し出しているように、
実際スムーズな注文からの約定を実感することができます。

全注文の99.35%が1秒以内で約定されますから、
指標を中心に取引する、なんてことがない限りは
ストレスを感じることなくトレードできますよ

 

5.日本語サポートが充実している

「海外」と聞いて気になる点が言語の部分。
XM Tradingはウェブサイトの日本語版の用意はもちろん、
電話やメールサポートも日本人がしてくれているため、
言語で困ることはまずないです

また、XMによる直接のサポートではないですが、
XMに関するサイトやブログが数多く存在していますので、
これからあなたがぶつかるであろう壁は
誰かしらが解決していて、情報にしています。
そういった外部情報が多いのも、
評価できるポイントではないでしょうか。

 

6.換金可能なポイントがトレード毎にもらえる

XM Tradingでは、トレード毎にポイントがもらえる
嬉しい特典付きです。

トレード開始から、30日、60日、100日と
期間でグレードがアップし、
もらえるポイントも大きくなっていきます。

最終のElite(エリート)ランクで20XMP/1lotもらえるのですが、
10万通貨単位ごとに6.7ドル(700円相当)です。

┗100日以上生き残ること
┗12,000円以上の証拠金で取引すること(ドル円、10万円通貨の取引換算)
FXをこれからやっていこうというのなら、
目指すまでもなく、勝手に到達してしまいますので、
ラッキーボーナス的に考えていてOKです

アップグレードの条件
Excective (10 XMP/1 lot) 初回取引完了後
Gold (13 XMP/1 lot) Excectiveから取引開始30日後
Diamond (16 XMP/1 lot) Excectiveから取引開始60日後
Elite (20 XMP/1 lot) Excectiveから取引開始100日後

※交換比率 20 XMP = 6.7 USドル(約700円)

 

7.初回入金額が低い

初回入金額は500円、鬼ほど安い!!
気軽に始められるという点では全くハードルにならないレベルです。

 

8.MT4/MT5に対応

国内FXですと、会社ごとにプラットフォームが異なり、
会社によって、操作性にかなり違いが出てきますが、
海外口座はMT4/MT5が標準です

国内口座でMT4を扱っている業者が少ないのは、
MT4を使うことで、
勝てるトレーダーが増えすぎてしまうことを警戒しているとも言われています。
国内業者は負けるトレーダーの数ほど儲かりますから、
できるだけMT4を使わせない方が得策ですね。

では、MT4とMT5どちらを使えばいいのか?
特にこだわりがない場合はMT5が良いです
基本的なインジケーターがあり、動作がサクサクしているので、
裁量でトレードするはにMT5が最適です。

自動売買やオリジナルインジケーターを使用する場合のみ、
MT4を利用すればOKです。

 

9.国内送金でも迅速に口座へ反映される

XM口座への入金は以下いずれかで対応しています。
┗ クレジットカード
┗ 国内銀行振り込み
┗ ビットコイン
┗ bitwalet
┗ 海外銀行送金

国内銀行振り込みは着金後30分程度、
クレジットカードなら即時にXM口座へ反映されます。

 

10.ビットコインで土日取引も可能

ビットコインの取引がXMでも開始されることで、
平日に時間が取れない人でも、土日にトレードができるようになりました

ビットコインはボラティリティが大きいので、
動きに慣れることができれば、
限られた時間の中で、大きな利益をあげられるチャンスが作れますね。

 

 

【まとめ】

以上、XM Tradingを使うメリット、デメリットをお伝えしてきました。
海外FXを始めるなら、
ぜひ持っておきたい口座です。

下記からXM Tradingの口座開設ができます。

XM Trading で口座開設

 

以下の「開設手順」を参考に開設すれば、
無料ボーナスでトレードを始められますよ。

 

【開設手順】

XM Trading 口座開設フォームを開く

①個人情報の入力

 

②取引口座詳細の入力

※自動トレードならMT4、裁量トレードならMT5を選択。
どちらを選択したかを覚えていないと、
後で「ログインできない」事態になるパターンが多いので、注意。

③個人情報を入力

④住所詳細を入力

本人確認書類の提出があるので、書類と同じ住所を入力するよう注意。
(建物名の入力は必要ありません)
ローマ字入力はJuDressというサイトが参考になります。
http://judress.tsukuenoue.com/

⑤取引口座詳細を入力

888倍口座でOKでしょう。
必要なければコントロールは可能です。

⑥投資家情報を入力

⑦口座パスワードを入力

入力後に「リアル口座開設」をクリック。

⑧メールアドレスの認証

登録のメールアドレスにメールが届くので、
リンクをクリックしてメールアドレスの認証を完了させましょう。

⑨XM Trading の口座開設が完了

以上で開設手続きは完了です。
・ID
・パスワード
・サーバー情報
は忘れないようにメモしておきましょう。
※サーバー情報は、スマホアプリ等でログインする時に使用します。

-XM

Copyright© 海外FXと仮想通貨 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.