海外FX事情

気をつけておくべき海外FXのリスク5つ!初心者がリスクと考えがちな誤解3つも

2021年5月18日

本記事で解決する疑問

  • 海外FXに興味はあるけどリスクが怖い
  • 海外FXのリスクにはどんなものがあるの?
  • 自分に危険がせまらないようにするにはどうすればいい?
ラメロ
タイのバンコクに住みながらFXをしています。

今回は上記のような疑問を解決していきます。

記事内でご紹介する「海外FXのリスク5つ」を読めば、海外FXのリスクにはなにがあるのか、リスクに対する対応策が事前に分かりますよ。

 

結論としては、稼いでいない段階ではリスクもそれほど大きくなることはありません

 

失ったら困るなと思えるほどの利益が出てから海外FXのリスクを気にするでも、全然遅くないですよ。

 

では早速海外FXのリスク5つをご紹介します。

 

海外FXのリスク5つ

海外FXのリスクとして気をつけるべき5つは以下の通り。

海外FXのリスク

  • 詐欺の被害に遭う
  • 出金トラブルが発生する
  • 日本語がない、日本語でやりとりできない
  • 税金の負担が大きい
  • 自分の資金の安全が守られていない

それぞれ解説しますね。

 

詐欺の被害に遭う

海外FXのリスクと言えば「詐欺」です。

 

勝率が高く稼げるツール、サインが表示されるのでそれに従ってトレードすれば利益が増えますよ。

 

夢のような生活ができる海外FX。あなたも私たちと同じ世界に踏み入れて、欲しいモノ・欲しい生活を手に入れませんか。私の実績あるFXグループに興味ある方は連絡ください。

 

上記のような手口で高額な金額を請求され、結局勝てるようにならない、といった流れになるのが詐欺の流れ。

 

確かに自分の力で勝てないと不安になり、誰かに頼りたくなる気持ちも出てきますよね。

 

ですが、FXで利益を上げる取引をするのは自分自身であることに変わりありません

 

自分の力をつけるしか、稼げる道はないと思っておいたほうが良いですよ。

 

今の時代なら、youtubeやtwitterなどでトレードで稼いでいるプロが取引履歴や考え方を無料で投稿しているので、学びにお金をまったくかけなくても大丈夫。

 

SNSで投稿されてる取引をチャートで検証して、自分でもできるようデモトレードでひたすら練習しましょう。

 

出金トラブルが発生する

続いては業者による詐欺。出金トラブルの発生ですね。

 

せっかく利益が出たのにエラーで出金できない、サポートに連絡しても確認中の返信だけで音沙汰なし、なにもやってくれない。

 

新興の企業など新たに参入してきたブローカー・会社によく見られる事案です。

 

ですが、大手海外FX会社なら出金拒否のトラブルは起きません

 

なぜなら、今はSNSで悪評が一瞬で広まるから、業者側も下手に不正をしてしまったら運営危機に陥る可能性もあるからです。

 

最大手XM Tradingなんかは1000万円以上の出金が数日で完了している報告もあるので、それ以下なら間違いなく出金できるでしょう。

 

もし出金できないときは、規約違反の可能性があるのでチェックしましょう。

規約違反の可能性

  • マネーロンダリングなどの不正疑惑がある
  • システムトレードなどによる超高速売買など負担をかける取引が散見される
  • クレジットカード/デビットカード(VISA/JCB)
  • 登録口座情報と出金先情報に誤りがある
  • 取引中ポジションの必要証拠金が足りなくなる
    など

 

日本語がない、日本語でやりとりできない

日本語記載がない、日本語でやりとりできない

 

公式サイトでさえそのような不十分なサービスしか提供できないのなら、使うべきでない企業です。

 

最大手であるXM Tradingをはじめ、Axiory、Gem Forexなど、大手企業で日本語もちゃんとしているサイトを持っている会社で取引をしましょう。

 

大手なら日本人スタッフをサポートとして配置していますので、ほぼ心配はいりません

 

以前マイナーな会社を調べていたときに、「あなたはサポートされる金塊保証された」といった日本語を発見しました。

 

証拠金のことを言っているのでしょうが不安でしかないですよね。

 

コミュニケーションなんて期待できませんから、このような事態にでくわした場合は一瞬でサイトを閉じましょう。

 

税金の負担が大きい

税金は詐欺の次に気になるところは税金問題ではないでしょうか。

 

たしかに、国内FXとはそもそも課される税金の種類が違うので、一律20%と計算できない点が面倒で不安にさせるところでしょう。

 

ですが、こちらも利益がでるまでは基本的に気にしなくて大丈夫です

 

作業が必要なところでいうと、利益20万円以上で確定申告の必要が出てきます。

 

また、給与や他の副業と合わせて430万円の収入を超えてくると、税負担が20%を超えるので、国内FXより不利な税負担となる、と覚えておくと良いですよ。

 

税金で悩むほど稼げるようになったのなら、僕のように海外移住も検討してみるのは如何でしょうか。

 

海外FXなのだから、海外で利用した方がより有利なのは間違いありません。

 

自分の資金の安全が守られていない

資金の安全が守られていない、というのは海外FXのリスクの一つでしょう。

 

資金の安全を守る制度として、信託保全があります。

 

信託保全とは、顧客の資金と会社運営の資金を別々に管理し、さらに第三者機関にて破綻時などに顧客へ資金の返還ができるよう管理してもらう制度です。

 

国内ではFXを提供するすべての会社が義務付けられているで、心配することはありません。

 

一方、海外FXの場合は管轄する国すらもそれぞれ別々なので、信託保全を組み入れていない海外FX会社は多く存在します。

 

ですが、こちらも大手FX会社であれば信託保全を規約に組み入れているので心配はないでしょう

 

大手のAxiory、XM TradingTitan FXGem Forexは信託保全ありと確認済みですので、信託保全が気になる場合は上記4社のいずれかを選ぶと良いですよ。

 

【誤解】海外FXのリスクと思われていること

上記では海外FXのリスクをご紹介しましたが、本当はリスクではないのに他サイトでリスクとして解説されていたトピックがありましたので、誤解を解こうと思い、追加で解説します。

海外FXの誤解

  • ハイレバレッジがリスク
  • 借金をしてしまう
  • 出金ルールがわかりづらい

 

ハイレバレッジがリスク

ハイレバレッジがリスクというのは誤解です。

 

なぜなら、ハイレバレッジは取引コストを下げるために使うものだからです。

 

ハイレバレッジがリスクという人(サイト)は、ハイレバレッジで稼ごうとする人(サイト)です。

 

サイトの場合、他のページでハイレバレッジで稼ぎやすいという記事を作っており、これは悪質。

 

ハイレバレッジの使い方は、取引コストを下げることです。

ハイレバレッジは取引コストを下げる

  • 1万通貨を取引するのに必要な証拠金は、国内なら40,000円、海外なら2,000円
  • 50,000円資金の場合の資金的余裕は、国内なら10,000円、海外なら48,000円

 

小コストなので資金に余裕ができ、強制的に損失決済をさせられるロスカットの心配がありません

 

トレードに大切な心の安定をもたらしてくれるのが、ハイレバレッジの正しい使い方なのです。

 

ハイレバレッジは資金を守るものであり、資金ギリギリまでトレードして短期間で爆益にしようとするものではありませんよ。

 

借金をしてしまう

海外FXで借金をしてしまうという誤解

 

結論からいうと、海外FXにはゼロカット制度があるので借金することはありません

 

金融ショックが発生して、資金5万円しかいれていなかったのに、資金がゼロになるだけでなく、損失が5万円?!トータル損失10万円?!

 

ゼロカット制度のある海外FXを利用していれば、損失5万円は会社が負担してくれるので、トレーダーは資金がゼロになるだけで借金を背負うことはありません。

 

ですが、国内の場合は追加証拠金、いはゆる追証が発生するため、預け入れている資金以上の損失が発生した場合には補填しなくてはなりません。
これが借金です。

 

海外FXを利用している分には借金にはなりません。

 

出金ルールがわかりづらい

出金ルールがわかりづらいのでリスク、は誤解。

 

これはリスクというよりは、手間がかかること。

 

出金させないためのルールではなく、不正防止のためのルールなので、被害が発生するようなリスクではありません。

 

ちなみに出金の基本的なルールは以下の2つです。

出金の基本的なルール

  • 入金額の出金 ⇨返金
  • 利益の出金 ⇨銀行送金

 

入金額と同額までの出金は、入金方法と同じルートで返金されます。
それ以上の利益の出金は銀行送金がメインになると覚えておけばOK

 

例えば、クレジットカードを使って入金するときは、以下のような流れになります。

クレジットカード入金の場合

  • クレジットカードで入金5万円、利益5万円を獲得し、全額を出金する場合
    ⬇︎
  • 5万円はクレジットカードへ返金手続き、残り5万円は銀行送金にて手続き

 

詳しく言うと利益の出金については銀行送金以外も選べますが、会社ごとに扱っている電子送金サービスが異なるので、口座開設時にチェックしてみましょう。

 

まとめ

本記事のまとめです。

海外FXのリスク

  • 詐欺の被害に遭う
  • 出金トラブルが発生する
  • 日本語がない、日本語でやりとりできない
  • 税金の負担が大きい
  • 自分の資金の安全が守られていない

リスクと誤解されていること

  • ハイレバレッジがリスク
  • 借金をしてしまう
  • 出金ルールがわかりづらい

海外FXの利用にはリスクがあることは間違いありません。

 

ですが、過度にリスクに敏感にならず、大手会社を利用したり自分のスキルアップに集中するなど、当たり前だよなと思えることをしていきましょう。

 

裏技探しとか見ず知らずの他人の救い求めようとしなければ、被害に遭う可能性は格段に低くできますよ。

 

-海外FX事情

Copyright© 海外FXと仮想通貨 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.